名古屋の浮気調査・行動調査・ストーカー対策を行うならゼネラルリサーチ「コラム」ページ

コラム

COLUMN

2019.11.13

コラム

浮気や不倫が多い地域や都道府県

浮気や不倫が多い地域や都道府県

日本人の浮気について語る時、「◯◯県民は浮気をしやすい」という話題は必ずといっていいほど出てきます。確かに、ステレオタイプな県民性からは、浮気のしやすさも想像できるかもしれません。しかし、実際のところはどうなのでしょうか。
ここでは、信頼できるデータを元に、どの地域で浮気・不倫が多いのかを見ていきましょう。

【目次】
1.浮気率の高い都道府県
2.経験人数の多い都道府県
3.性生活への満足度の高い都道府県
4.今回のまとめ

浮気率の高い都道府県

日本人の浮気・不倫に関する調査として非常に有名なのが、コンドームメーカーとして知られる相模ゴム工業が実施した「ニッポンのセックス」です。2013年に初めて行われ、5年後の2018年には第2回の調査が実施されました。
内容としては、セックスのパートナーの有無や初体験年齢、経験人数、そして浮気をしているかどうかまでもが含まれます。さらには、年代別や都道府県別のデータまでをも収集しているのです。2018年版の調査結果から、浮気率の高い都道府県の上位5つと下位5つを抜粋してみましょう。

※ここでいう「浮気」とは、配偶者や交際相手以外にセックスの相手がいることを指します。

【上位】
1位:埼玉県 30.03%
2位:京都府 25.63%
3位:和歌山県 24.27%
4位:岐阜県 23.91%
5位:山口県 23.48%

【下位】

43位:茨城県 17.17%
44位:石川県 17.14%
45位:三重県 16.94%
46位:島根県 16.74%
47位:鳥取県 14.88%

浮気率が最も高いのは埼玉県で、何と約30%でした。2位の京都府に4ポイント以上の差をつけています。最も浮気率の低い鳥取県に比べれば、2倍以上になるのですから驚きです。
なお、この調査では「なぜこのような結果になるのか」という分析までは行われませんでした。上位・下位の都道府県の属する地域を見ても、関東・近畿・中部・中国とバラバラで、有意な法則性は見出せません。強いていえば、下位の2県である鳥取・島根が山陰地方であるということくらいでしょうか。誘惑の多そうな大都市である東京・大阪・愛知(名古屋)などが、最上位に入っていないのも注目に値します。

関連記事:ニッポンのセックス2018年版
https://www.sagami-gomu.co.jp/project/nipponnosex2018/

経験人数の多い都道府県

次は、浮気と関連性の高い情報として、セックスの経験人数に関するデータを見ていきましょう。これも浮気率と同じく、相模ゴム工業の2018年調査です。

【上位】
1位:沖縄県 13.0400人
2位:千葉県 12.8467人
3位:東京都 12.3333人
4位:鹿児島県 11.6333人
5位:茨城県 11.4533人

【下位】

43位:神奈川県 6.9867人
44位:静岡県 6.9100人
45位:広島県 6.7900人
46位:奈良県 6.6633人
47位:島根県 5.9767人

浮気率ランキングではあまり目立たなかった沖縄県が1位となりました。沖縄県は出生率が日本一高い県としても知られていますが、もしかすると何かの関連性があるのかもしれません。上位5県のうち3県が関東である反面、浮気率1位だった埼玉県はランクインしていないなど、いろいろと考察の余地があります。
また、浮気率46位だった島根県が、経験人数では最下位という結果になりました。浮気をしにくい=経験人数が少ないということで理屈は成り立つでしょう。

性生活への満足度の高い都道府県

最後は性生活への満足度の調査です。いわゆるセックスレスや性的不調和は、浮気の大きな原因の1つとされていますが、どのような結果が出たのでしょうか。

【上位】
1位:宮崎県 57.36%
2位:島根県 56.78%
3位:岩手県 56.15%
4位:福井県 55.85%
5位:鹿児島県 55.68%

【下位】

43位:長野県 47.62%
44位:宮城県 46.77%
45位:広島県 46.44%
46位:香川県 46.05%
47位:新潟県 43.38%

堂々の1位は宮崎県でした。また、宮崎の隣県であり、経験人数ランキングでは4位だった鹿児島県が5位につけています。実は、経験人数でも性生活への満足度でも、九州の県は全体的に順位が高いのです。いわゆる九州男児的な精神性や、南国の風土が関係しているのでしょうか。
そして2位にランクインしたのは、またしても島根県。浮気率が低く、経験人数が少なく、性生活への満足度も高いとなれば、関連性を考慮せずにはいられません。単純に性欲の弱い人が多いからとも、誠実な県民性だからとも考えられます。生活が安定していて夫婦の信頼関係が強く、浮気に走る機会が少ない可能性もあるでしょう。

今回のまとめ

詳しい原因はわからないにしても、浮気率や性生活への満足度において、地域ごとの差があるのは確かです。県民性や経済状況など、さまざまな要因が絡み合ってこのような差が生まれるのでしょう。とはいえ、浮気率47位の鳥取県でさえ、6人~7人に1人は浮気をしている計算になります。どの県に住んでいようと、浮気が他人ごとだとは考えないようにしましょう。