名古屋の浮気調査・行動調査・ストーカー対策を行うならGDパートナーズ「コラム」ページ

コラム

COLUMN

  • トップ
  • コラム
  • 【浮気・不倫調査の結果「シロ」だった場合の調査費用】

2020.05.20

コラム

【浮気・不倫調査の結果「シロ」だった場合の調査費用】

【浮気・不倫調査の結果「シロ」だった場合の調査費用】

探偵に浮気調査を依頼する方の多くは、「動かぬ証拠を入手して突き付けてやる」と考えていることでしょう。しかし実際には、「浮気はしていなかった」という結論が出るケースもありえます。このような時、調査料金はどうなるのでしょうか。ここでは、浮気調査の結果が「シロ」だった場合の調査料金について解説します。

【目次】
1.シロだったとしても調査料金は発生する
2.シロの場合は調査が長引きやすい
3.シロだと調査料金ゼロになる探偵事務所もある
4.今回のまとめ

シロだったとしても調査料金は発生する

結論からいうと、たとえ浮気調査の結果がシロだったとしても、クロだった場合と同じだけの調査料金を支払わなければなりません。
なぜなら、探偵の仕事は「浮気の真偽をはっきりさせること」であり、「クロだという証拠を持ってくること」ではないからです。依頼者の思惑が外れたとしても、探偵は決められた役目を果たしたのですから、所定の料金を払うのは当然といえるでしょう。
中には、「それなら調査などするのではなかった」と後悔する方もいるかもしれませんが、それは結果論に過ぎません。どれだけ浮気の疑いが濃厚だったとしても、決定的な証拠を入手するまでは、浮気だと断じることはできないのです。「お金が無駄になってしまった」と考えるのではなく、「もう浮気を疑う必要がなくなった」と前向きに捉えるのが望ましいといえます。

シロの場合は調査が長引きやすい

結果がシロだった場合の浮気調査には、クロだった場合と比べて1つ異なる点があります。それは、どうしても調査が長期化しやすいということです。仮にクロであるなら、浮気の証拠を入手した時点で調査を終了できます。うまくタイミングが合えば、1日で結果が出てしまうこともあるでしょう。
しかし、シロである場合はそうはいきません。「浮気をしていない証拠」というのは存在しえないので(いわゆる悪魔の証明)、どれだけ調査をしても浮気の証拠が入手できない事実をもって、「浮気をしていない」と判断するしかないからです。では、どのタイミングで「浮気をしていない」と判断すべきなのでしょうか?
残念ながら、これには決まった基準はありません。探偵が1週間みっちり調査を行い、「浮気をしている様子はないためシロだと思われる」と報告したとしても、「そんなはずがない」と考える依頼者はいます。結局は、本人の気持ち次第だからです。どうしても納得がいかず、当初の予定を超えて調査を続ければ、その分費用もかさんでしまいます。
浮気調査の料金は、3日程度でも20万円~30万円ほどが相場ですから、半月以上も続ければ相当な出費になるでしょう。しかも、シロである以上は慰謝料請求もできません。後悔しないためにも、どの段階で結論を下すのかは、探偵と十分に相談しておいてください。

シロだと調査料金ゼロになる探偵事務所もある

浮気調査は、浮気の真偽をはっきりさせるためには必須といっても過言ではありません。しかし、「お金がないので費用は慰謝料請求で埋め合わせたい。シロだったら困る」という方がいるのも事実です。
とはいえ、金銭的負担を理由に調査をためらえば、いつまでも不安を抱えることになってしまうでしょう。そのため最近では、「シロだった場合は調査費用ゼロ」というプランを用意する探偵事務所も現れました。これなら、経済的に余裕のない依頼者でも、浮気調査を利用しやすくなります。もちろん、クロだった場合は慰謝料請求を行い、浮気調査の費用を補填すればいいのです。
ただし、対応している探偵事務所はそう多くありません。プランの利用に厳しい条件があったり、着手金だけは必要だったりするケースも多いので、依頼前に十分相談するべきでしょう。あまりにも都合のいい条件には注意し、悪徳探偵には決して依頼しないようにしてください。

今回のまとめ

浮気調査の依頼者には、「絶対に黒に決まっている。調査費用は慰謝料で相殺すればいい」と考える方もいるでしょう。しかし、大手探偵事務所の公表しているデータでも、2割程度はシロという結果が出ています。何も考えずに長期間の調査を行うのは避け、シロである可能性も考慮して、適切な落とし所を見つけましょう。