名古屋の浮気調査・行動調査・ストーカー対策を行うならGDパートナーズ「コラム」ページ

コラム

COLUMN

2020.05.29

コラム

【本当に信頼できる、いい探偵の見極め方】

【本当に信頼できる、いい探偵の見極め方】

パートナーの浮気の証拠をつかみたい時や、行方不明の知人を探し出したい時は、探偵に調査を依頼するのがおすすめです。しかし、世の中の探偵すべてが信頼できるわけではなく、依頼をめぐるトラブルも実際に発生しています。どうすれば、本当にいい探偵を見つけられるのでしょうか。ここでは、信頼できる探偵の見極め方を解説します。

【目次】
1.まずは届出と行政処分の有無で見極める
2.事前の情報収集にも見極めのヒントはたくさんある
3.面談と見積もりが最大の見極めポイント
4.今回のまとめ

まずは届出と行政処分の有無で見極める

優良な探偵というのは、当然ながら法律・条例を遵守しているはずです。そこで、依頼先の候補を見つけたら、真っ先に「開業の届出」を行っているかどうかを確認しましょう。
現在の法律では、探偵は警察の監督下に置かれており、開業する時は各都道府県の公安委員会に届出を行う必要があります。開業が認められると、「探偵業届出証明書」が発行され、営業所の見やすい場所に掲示しなければなりません。また、許可を得ていることをアピールするため、ほとんどの探偵は公式サイトなどに許可番号を掲示しています。これらが確認できなければ、最低限必要な許可さえ得ていない探偵=違法な探偵であり、信頼に値しないということです。
また、その探偵が「行政処分」を受けていないかどうかもチェックしましょう。探偵といえども、盗聴・盗撮や不法侵入、証拠品の持ち去りやクラッキングといった違法行為を行うことはできません。こういった行為が明るみに出た探偵には、営業停止などの重い行政処分が科されます。当然、違法行為を行う探偵は非常に危険ですから、絶対に依頼してはいけません。わかった上で依頼すると、依頼者が罪に問われるおそれさえあります。
行政処分の情報は、各都道府県警の公式サイトに掲示されていますから、必ず確認して安全性を見極めましょう。

事前の情報収集にも見極めのヒントはたくさんある

依頼前に探偵の信頼性を見極められるポイントは他にもあります。まずは、公式サイトにすみずみまで目を通してみましょう。経験豊富で優秀な探偵なら、事務所の沿革や過去の調査実績、代表者名や営業所の所在地、電話番号にメールアドレスといった情報が掲載されているはずです。こういった情報をオープンにしていない探偵は、怪しいと考えなければなりません。
また、事務所を訪問する前には予約を入れるのが原則ですが、事務所ではなくホテルや喫茶店での面会を指定してくる探偵は要注意です。実は事務所を持っておらず、公式サイトに掲載されている住所も嘘である可能性があります。事務所は探偵の活動拠点であり、真っ当な探偵なら持っていないことは考えられません。事務所以外で会おうとする探偵は、候補から外してしまいましょう。

面談と見積もりが最大の見極めポイント

探偵の信頼性を見極めるために最も重要なタイミングは、事務所を訪問しての面談の時です。予約を入れて事務所を訪問したら、まずは内部をよく観察しましょう。探偵業務を行うためには、十分な調査員と事務スタッフ、そしてパソコンをはじめとする設備が必要です。これらがそろっていない事務所は、まともに仕事をしていないと考えざるをえません。
また、面談中は担当者の様子に気を配りましょう。優秀な探偵は、調査の内容について書面を使って詳しく説明し、どんな質問にも明確に答えてくれるものです。また、絶対に契約を急かしたりはしません。話をはぐらかそうとしたり、不安を煽って契約させようとしたりする探偵は、信頼に値しないと考えましょう。
そして、できる限りその場で契約はせず、見積もりだけをもらって一旦帰ってください。複数の探偵から見積もりを取って比較すれば、不当に高い料金を請求している探偵や、逆に安すぎて怪しい探偵を見極めることができます。見積もりに詳細な内訳が記載されておらず、「一式で◯万円」などとしている探偵は論外です。最後に、探偵との契約は必ず書面で行わなければなりません。調査の期間や料金、報告の方法などについても盛り込まれている必要があります。十分に目を通し、心から信頼できると判断した時点で契約を結んでください。

今回のまとめ

探偵の信頼性を見極めるのは、ポイントを理解すればそれほど難しくありません。しかし、依頼者のほとんどは初めての経験であり、正しい判断ができないことも多いと思われます。大切なのは、絶対に焦って契約しないことです。調査を成功させて問題を解決するためにも、まずは落ち着いて情報を調べ、信頼できる探偵を探しましょう。