名古屋の浮気調査・行動調査・ストーカー対策を行うならGDパートナーズ「コラム」ページ

コラム

COLUMN

  • トップ
  • コラム
  • 【日本と世界の浮気・不倫割合はこんなに違う!】

2020.07.06

コラム

【日本と世界の浮気・不倫割合はこんなに違う!】

【日本と世界の浮気・不倫割合はこんなに違う!】

みなさんは、日本ではどのくらいの浮気・不倫が発生していると思いますか? おそらく、「きっと多いに違いない」という人もいれば、「そこまでひどいとは思わない」という人もいるでしょう。浮気・不倫経験者の割合を考える場合、日本単独のデータはもちろん重要ですが、海外とも比較してみなければなりません。今回は、日本と海外の浮気・不倫事情の違いを紹介します。

【目次】
1.日本の浮気率は約20%。海外は以外にも……
2.浮気・不倫への寛容度が高い国
3.なぜ国によって考え方に差があるのか?
4.今回のまとめ

日本の浮気率は約20%。海外は以外にも……

日本人の浮気率を調べたデータとして著名なのは、相模ゴム工業の実施した「ニッポンのセックス」です。これによれば、日本人の浮気率(結婚・交際相手以外に性行為の相手がいる割合)は、全体で20.5%となっています(2018年版)。「そんなに高いの?」と驚く方も多いと思われますが、世界の中ではどのような位置づけになるのでしょうか。英国のタブロイド紙であるデイリー・ミラー紙が報じた、各国の浮気率のランキングを見てみましょう。

1位:タイ(56%)
2位:デンマーク(46%)
3位:イタリア(45%)
3位:ドイツ(45%)
5位:フランス43%
6位:ノルウェー(41%)
7位:ベルギー(30%)
8位:スペイン(39%)
9位:イギリス(36%)
9位:フィンランド(36%)

2位に10%の差をつけて1位になったのは、おおらかな国として知られるタイです。それ以下は、ヨーロッパの主要な国が軒並みランクインしています。これからわかるのは、世界各国の浮気率は想像以上に高いということ。そして、日本の浮気率はそこまで高いわけではないということです。

浮気・不倫への寛容度が高い国

次は、浮気・不倫に対する各国の認識のデータです。アメリカのピュー・リサーチ・センターが2013年に調査を実施し、「浮気は道徳的に許されるか、許されないか、それとも道徳の問題ではないか?」という質問を行いました。以下は、「許されない」と答えた人の割合が少ない国、すなわち浮気に寛容な国のランキングです。

1位:フランス(47%)
2位:ドイツ(60%)
3位:イタリア(64%)
3位:スペイン(64%)
5位:南アフリカ(65%)
6位:チェコ(66%)
7位:チリ(67%)
8位:セネガル(68%)
9位:日本(69%)
9位:ロシア(69%)

※調査対象は全39ヶ国

タイや北欧諸国が調査対象に入っていないため、前項のランキングとは直接比較はできないのですが、やはりヨーロッパの国々が上位に来ています。特に1位のフランスは、半数以上が浮気に寛容という結果ですから驚きです。また、浮気率はそこまで高くなかった日本も、浮気への寛容度は比較的高いことがわかります。
アジアに限定すれば、日本の浮気寛容度は中国・韓国などを上回って1位です。逆に、イスラム圏の国々では、「許されない」とした人の割合が非常に高くなっています。エジプト、トルコ、パレスチナなどでは、「許されない」という回答が90%以上です。

なぜ国によって考え方に差があるのか?

これまで紹介したデータを見る限り、浮気への寛容度や実際に浮気をする割合は、国や地域によってかなりの差があることがわかります。では、なぜこのような差が生まれてしまうのでしょうか。
第一の要因は、やはり宗教的な問題でしょう。イスラム教は性行為に対して非常に厳しい宗教で、浮気・不倫は犯罪になってしまう国も多く見られます。浮気に対して不寛容になり、浮気をする人も少ないのは当然です。
しかし、姦淫を大きな罪としているのは、キリスト教も変わりません。それにも関わらず、なぜヨーロッパ諸国は浮気に寛容なのでしょうか。原因はいろいろ考えられますが、個人の自由を重んじる風潮が関係している可能性は高いと思われます。特にフランスは顕著で、前項で紹介した調査でも、「浮気は道徳の問題ではない」と回答した人が40%に達しました。ここまで顕著ではなくても、「恋愛は個人の自由が尊ばれるべき」「他の人を好きになってしまうのは仕方がない」「パートナーの気持ちをつなぎ止められない側にも問題がある」という考え方が、欧州全体に定着しているのかもしれません。
一方、「自由の国」というイメージの強いアメリカは、先に紹介した2つの調査のどちらでも、上位にランクインしませんでした。つまり、浮気に対しては比較的厳しい態度を取っている国なのです。これは、アメリカが訴訟大国であることと無関係ではないでしょう。このように、浮気・不倫をめぐる各国の事情は非常に複雑なのです。

今回のまとめ

浮気・不倫のデータには、その国の人権感覚や宗教の影響といったものが明確に表れてきます。人々の考え方は日々変化していきますから、日本の浮気事情も移り変わっていく可能性が高いでしょう。他人事とは考えず、世間の浮気率や浮気への寛容度などに目を向けてみてください。