名古屋の浮気調査・行動調査・ストーカー対策を行うならGDパートナーズ「コラム」ページ

コラム

COLUMN

  • トップ
  • コラム
  • あなたの旦那(妻)は大丈夫?男性と女性別で見た浮気・不倫経験とその割合

2019.08.27

コラム

あなたの旦那(妻)は大丈夫?男性と女性別で見た浮気・不倫経験とその割合

あなたの旦那(妻)は大丈夫?男性と女性別で見た浮気・不倫経験とその割合

旦那・妻の浮気が疑われる時、みなさんはどうしますか。「うちの人に限って……」と静観する方も多いと思われますが、それは少々危険かもしれません。浮気・不倫は決して珍しいものではないからです。ここでは、浮気・不倫をしたことのある人の割合や男女比について、調査データを元に分析してみましょう。

【目次】
1.旦那や妻の浮気・不倫経験の割合は5人に1人
2.浮気率の男女差、年齢差、地域差はそれほど大きくない
3.浮気・不倫の出会いの場はとても身近にある
4.今回のまとめ

旦那や妻の浮気・不倫経験の割合は5人に1人

浮気・不倫の実態調査としてよく知られているのが「ニッポンのセックス」です。これは、コンドームの製造販売で有名な相模ゴム工業が2013年に実施したもので、日本人の性に大きく踏み込んだ内容となっています。統計学に基づいた本格的な調査なので、信頼性は十分に高いといえるでしょう。
このアンケートの項目の1つに「結婚相手・交際相手以外にセックスをする相手はいるか」という質問があります。実質的な浮気・不倫の調査です。結論を言うと、全体の21.3%が特定・不特定の相手と浮気をしていることが判明しました。約5人に1人という割合です。浮気・不倫の経験者は、想像以上に多いことがわかります。

浮気率の男女差、年齢差、地域差はそれほど大きくない

次は、浮気率を細かい属性ごとに見ていきましょう。「ニッポンのセックス」では、男女別・年代別・都道府県別の浮気率も公表しています。それぞれどのような結果が出たのでしょうか。

男女別

全体の浮気率は21.3%でしたが、男女別では男性26.9%、女性16.3%となっています。男性の方がやや高いといえますが、女性も決して低くはありません。

年代別

どの年代でも、浮気率に大きな違いはありません。性別も絡めて考えた場合は、20代男性がやや目立っており、31.5%が浮気をしています。約3人に1人という割合ですから、パートナーは目を光らせておく必要があるでしょう。逆に、最も低いのは60代女性で、浮気率は13.3%です。しかし、それでも8人に1人以上は浮気をしていることになります。

都道府県別

47都道府県において、浮気率トップは島根県の26.5%。最も低いのは秋田県の15.4%です。やはりそれなりの開きがあるものの、秋田県でも6人に1人は浮気をしていることになりますから、無視できる数字ではありません。
以上の点を踏まえると、属性ごとの浮気率は多少の偏りが見られるものの、特定の属性だけが突出して多いわけではないとわかります。つまり、誰でも浮気をする・される可能性があるのです。

浮気・不倫の出会いの場はとても身近にある

最後に、浮気相手との出会いに関するデータを見ておきましょう。全体では、「同じ会社で出会った」というケースが21.4%でトップです。さらに「友人の紹介」「友人が浮気相手になった」「学校で出会った」というケースが続きます。つまり、浮気相手とは身近な場所で出会うことが多いのです。
年代別に見ると、20代は学校での出会いが多く、合コンでの出会いも他の年代より多くなっています。40代以上では、飲み屋での出会いがなかなかの割合を占めており、世代の差が如実に表れているといえるでしょう。風俗店や出会い系サイトでの浮気も、40代・50代が多めです。また、SNSやソーシャルゲームといった、新しいツールでの出会いも見逃せません。これらは全体に占める割合は小さいものの、若い世代ほど浮気に使われる率が上がっており、今後も増加していくと予想されます。このように、浮気の機会は、あらゆる場所に転がっているのです。

今回のまとめ

旦那や妻の浮気・不倫は、決して他人事ではありません。一夜の過ちならまだ見逃せるかもしれませんが、何度も繰り返されれば取り返しのつかないことになってしまいます。浮気・不倫の兆候が見られたら、すぐに何らかの対策を取るべきでしょう。探偵に浮気調査を依頼するなどして、真相解明と早期解決を目指してください。