名古屋の浮気調査・行動調査・ストーカー対策を行うならGDパートナーズ「コラム」ページ

コラム

COLUMN

2019.09.02

コラム

旦那や妻の浮気や不倫を防止するための方法

旦那や妻の浮気や不倫を防止するための方法

旦那や妻の浮気・不倫は、多くの既婚者にとって悩みの種です。気付かないうちに愛人を作られ、泥沼化してしまうケースも少なくありません。最も理想的なのは、あらかじめ予防策を張り巡らせておき、浮気の可能性を摘み取ってしまうことです。ここでは、旦那や妻の浮気・不倫を防止するための方法を考えてみましょう。

【目次】
1.行動の変化を指摘すれば、浮気への牽制になる
2.浮気につながる言動がなかったか、自分でも反省
3.浮気防止アプリや誓約書も使ってみよう
4.今回のまとめ

行動の変化を指摘すれば、浮気への牽制になる

浮気や不倫を防止する最も基本的な方法は、旦那や妻の行動の小さな変化に気づき、その都度リアクションを取ることです。たとえば、「最近仕事の帰りが遅い」というのは浮気の兆候の定番ですが、「仕事が大変なんだろう」と自己解釈して何も指摘しない人は少なくありません。これではパートナーに「この程度では気づかないんだな」と思われ、浮気を加速させてしまう可能性があるのです。
そのため、パートナーが以前と違う行動を見せたら、積極的に話題に出すようにしましょう。「最近帰って来るのが遅いよね」など、日常の会話に自然に絡めてみてください。「この人はよく気が付く。油断がならない。」とパートナーが思ってくれれば、出来心による浮気を牽制することができるでしょう。
また、ちょっとした行動の変化に気づくというのは、「私はあなたに興味を持っている」というアピールでもあります。これは浮気防止のためだけではなく、円満な夫婦関係を長く続ける上で、とても大切なことです。最近日常の会話が少なくなったと感じるなら、どんなに些細なことでも構わないので、積極的にパートナーに話しかけてください。

浮気につながる言動がなかったか、自分でも反省

浮気や不倫を防ぎたいからといって、パートナーに釘を刺してばかりではいけません。自分自身の普段の行動を省みることも大切です。前述した通り、パートナーの行動に興味を持つことはとても大切ですが、他にはどのようなポイントがあるのでしょうか。

褒める、感謝する

褒められたり感謝されたりすると、人間は承認欲求が満たされ、「私は必要とされているんだ」と自信が持てます。夫婦関係において、これほど重要なことはありません。パートナーのちょっとした活躍にも「すごいね」と褒め、何か助けてもらったら「ありがとう」と言いましょう。それだけでも、夫婦の絆はとても強くなります。

過度に束縛しない

人間は、必要以上に束縛してくる相手に対し、強い反抗心を抱くものです。パートナーの行動にいちいち文句をつけ、外出の時間すら厳しく制限するようなことがあってはなりません。特に浮気や不倫を警戒していると、パートナーの行動を根掘り葉掘り聞いてしまうことも多いので注意が必要です。牽制はほどほどにして、お互いの自由を尊重しましょう。

暴言や否定的な言葉を避ける

いわゆるモラハラの問題です。自分でも気づかないうちに強い言葉を使ったり、パートナーの人間性を否定してしまったりすることは珍しくありません。それが積み重なると夫婦の信頼関係は崩壊し、浮気に走ってしまうのです。最近の言動を1つ1つ思い返し、パートナーを傷つけていないか振り返ってみましょう。

浮気防止アプリや誓約書も使ってみよう

ここまで紹介したのは、普段の行動によって浮気・不倫を防止する方法でした。最後は、より強力に浮気・不倫を防ぐための方法を見ていきましょう。

浮気防止アプリを使う

スマートフォンには、他人の位置情報や通話履歴などを把握することができるアプリが登場しています。中には、強制的にカメラや録音機能を起動させたり、スマホにロックをかけたり、メモリのデータを削除したりできるアプリまであるのです。これをお互いのスマホに入れれば、浮気の確率を大きく低下させられるでしょう。
ただし、この類のアプリを相手に黙ってインストールすると、法律に抵触する可能性があります。許可を得て行う場合でも、相手のプライバシーを侵害することになりかねず、かえって夫婦仲を悪化させてしまうかもしれません。アプリをインストールする前に、十分な話し合いを行いましょう。

誓約書を作る

これはどちらかというと、浮気を二度と繰り返させないための方法です。
もう浮気をしないこと、浮気をした場合は慰謝料を支払うこと、離婚協議にも応じることなどを盛り込んだ誓約書を作成すれば、旦那や妻に対する強力な牽制になります。法的に効力を発揮できなければ意味がないので、行政書士や弁護士に作成を依頼するのが確実です。

今回のまとめ

浮気や不倫への対応というと、「確実な証拠を集めて突きつける」という方向に想像が及びがちです。しかし、そもそも浮気をさせないのが1番の対応であることは間違いありません。浮気を防止するためにも、パートナーとの関わり方を見直してみましょう。