名古屋の浮気調査・行動調査・ストーカー対策を行うならGDパートナーズ「コラム」ページ

コラム

COLUMN

2019.09.27

コラム

旦那や彼氏に浮気・不倫されやすい女性の特徴

旦那や彼氏に浮気・不倫されやすい女性の特徴

世の中には、旦那や彼氏になぜか浮気・不倫をされてしまう女性と、そうでない女性がいます。「一体、私の何が気に入らないのだろう?」と疑問に思うこともあるかもしれません。実は、浮気をされる女性には一定の傾向があり、自分を省みれば浮気を防ぐことも可能になるのです。ここでは、浮気をされやすい女性の特徴を紹介します。

【目次】
1.男性を束縛し、支配下に置こうとする女性
2.優しすぎて文句を言わない、控えめな女性
3.男性に尽くしすぎる、愛情が重い女性
4.今回のまとめ

男性を束縛し、支配下に置こうとする女性

夫婦や恋人は対等な関係であり、どちらかが上というわけではありません。しかし中には、旦那・彼氏を必要以上に束縛し、自分の支配下に置こうとする女性もいます。最悪の場合、暴力を振るったり人格を否定したりして、男性を恐怖支配しようとするのです。このような状況下に置かれれば、旦那・彼氏が浮気に走っても仕方がないといえるでしょう。
いわゆるDVやモラハラは、女性が被害者で男性が加害者という認識の方も多いかもしれません。ところが近年の調査データでは、男性が被害者になるケースも相当数あることがわかっています。罵詈雑言や人格否定になる言葉を当たり前のように口にしていないか、女性の側も注意しなければなりません。そこまで悪質でなくても、お小遣いを極度に切り詰める・帰宅や外出の時間を厳しく制限する・予定を異常に詳しく聞くといった行動は、旦那・彼氏をうんざりさせてしまいます。
浮気を防ぎたいがためにこういった行動を取る女性もいるかもしれませんが、逆効果としか言いようがありません。お互いにある程度の自由を認めれば、のびのびとした生活が送れるはずです。

優しすぎて文句を言わない、控えめな女性

何事も両極端はよくありませんが、束縛する女性と正反対の「優しくて控えめな女性」も、旦那・彼氏に浮気をされやすい傾向にあります。「どうせ何をしても怒らないだろう」「浮気をしても謝れば許してくれるさ」と男性が思ってしまうため、ちょっとした誘惑にも負けてしまうのです。パートナーとして軽く見られているわけですから、許せることではありません。
これを防ぐためには、時々あえて怒ってみせたり、不満を口にしたりするのがいいでしょう。交際や結婚生活が長く続けば、不平不満の1つや2つは必ず出てくるはずです。それを「仕方のないこと」「自分が我慢すればいい」と受け入れてしまえば、旦那・彼氏を調子づかせてしまいます。あくまでも対等な付き合いを心がけ、何か意見があればしっかりと伝えてください。なお、このタイプの女性は愛情表現も希薄になる傾向にあります。旦那・彼氏からすれば、自分が本当に愛されているのか不安になるかもしれません。
定期的にデートに誘う、さりげなく体を寄せるなど、積極的なスキンシップを図りましょう。時には「愛しているよ」とはっきり口に出すのもいいかもしれません。

男性に尽くしすぎる、愛が重い女性

旦那・彼氏の気を引こうとして、徹底的に尽くす女性もいることでしょう。しかし、どんな愛情も一線を越えると迷惑になってしまいます。手取り足取り世話を焼き、自分がいかに愛しているのかをアピールする「愛の重い女性」は、浮気をされやすいパターンの1つです。旦那・彼氏も最初は喜ぶかもしれませんが、愛情には愛情を返さなければなりません。それが徐々に男性の重荷となっていきます。やがて、「自分はこの人の愛情に応えられない」と判断した時、男性は逃げるように浮気に走ってしまうのです。
どんなに旦那・彼氏を愛していても「愛情の押し付け」は避け、ほどほどの距離感を保つのが望ましいでしょう。
ちなみに、「完璧すぎる女性」も近い性質を持つといえます。何でも1人でできてしまうため、男性が自分の必要性を感じられなくなり、距離を置いてしまうのです。夫婦や恋人は遠慮のいらない関係なのですから、たまには自分の弱みを見せたり、旦那・彼氏を頼ったりしてください。

今回のまとめ

「浮気なんて、する側が悪いに決まっている」と憤るのはもっともです。しかしながら、よほど浮気症の男性でもない限り、何の理由もなく浮気をすることはそれほどありません。浮気が心配な時は、自分の普段の言動を振り返り、旦那・彼氏との付き合い方を改めて考えてみましょう。